面接をきちんと行うこと

就職試験やアルバイトで面接官から必ず聞かれる事と言えば志望動機です。

面接でタブーな志望動機

面接をきちんと行うこと 就職試験やアルバイトで面接官から必ず聞かれる事と言えば志望動機です。会社に入るにあたって、大切な質問で志望動機により採用か不採用かが決まります。そこで、面接時に言ってはいけない志望動機をいくつか話します。会社によっては志望動機の内容により面接で合否を判断するからです。

まずは待遇で、勤務時間と給料と休日が待遇に当てはまります。面接官の印象では、「待遇が目当てで会社の仕事はどうでも良いようだ」と見られて、不採用になる可能性が高いです。2つ目は、会社の企業理念を志望動機に入れることです。企業理念は面接官から見れば「志望動機がない」と判断されて、100パーセント不採用になります。3つ目は、会社を学校のように「御社で仕事を学びたいです」とアピールすることです。良い志望動機に見えますが、面接官から見れば「会社は学校ではない」と思いながら面接を進めます。この程度ならまだ良い方ですが、面接官によっては応募者に説教してその場で不採用にする面接官がいます。学ぶ姿勢を見せるのは良いことですが、面接で志望動機にするのはお勧めできません。

面接で志望動機は自分の人生を左右します。熱意のこもった志望動機でも内容が悪いものであれば、どんなに熱意がこもっていても面接を突破することは難しいです。

ピックアップ情報