面接をきちんと行うこと

仕事をするために就職活動をする人は多くいますが、季節などは関係なく1年中色々な面接が行われています。

冬場の面接でのコートやマフラーについて

面接をきちんと行うこと 仕事をするために就職活動をする人は多くいますが、季節などは関係なく1年中色々な面接が行われています。その中でも季節によって着ていく洋服や装飾品などに変化がでてくるので、それらのマナーもしっかり守るようにすることが重要となります。とくに冬の季節であれば気温が低くなるため、寒さ対策にコートやマフラーや手袋などを利用する機会が増えてきます。寒いから色々自分なりに対策を行うことは良いですが、しいかりと面接の際のマナーとして守るべきこともあるのでチェックしておくと良いです。まず面接会場に到着した場合ですが、コートやマフラーなどは入口に入る前の脱いでおくことが気温です。

マフラーや手袋は持ったままだと邪魔になってしまうので、鞄の中に綺麗にたたんでしまうようにします。コートの場合は外側の面を内側にしており、片方の腕にかけて持ちます。スーツなどのシワや身だしなみを整えてから、入口から中へはいり受付を行います。面接官はまだいないから大丈夫だろうという人もいますが、面接は面接官だけでなく受付の時点でチェックされていることが殆どです。他の社員などもしっかりと見ていることが多いので、コートやマフラーを利用している場合は注意することが大切です。面接後に着る場合は、会社の外にでてから着るようにするのも忘れないようにします。

ピックアップ情報